ミニ四駆ペラタイヤ作成用ワークマシンの防塵はとっても大事

ミニ四駆ミニ四駆,壊れた

みなさんミニ四駆やってますか?

最近各所のレースが中止になってひたすらマシン作ってる人も多いと思います。

最近僕はペラタイヤを作ってます。

ワークマシンを使ってやってるのですが、防塵せずにやってたらトルクチューン2モーターが一つ壊れてしまったのでメモしておきます。

広告

故障の前兆

充電したはずの電池を使っても妙にパワーが出ない

充電ミスって電池破壊してしまったのかと最初勘違いして、電圧測ったりいろいろやってました。

で、そうこうしているうちにモーターが完全に動かなくなった感じです。

分解してみよう

モーターが壊れてしまったのでとりあえず分解していきます。

指が滑るとケガするので分解は自己責任でやってください。

コミュテータになにやら黒い樹脂状のものがへばりついていますね。

明らかにタイヤカスです。

防塵してないので、冷却用の穴からタイヤカスが入り込み、熱で溶けてくっついたようです。

で、ブラシ側を見てみると…

ブラシが破損しています。

黒い何かがへばりついた上にちぎれてます。これではモーターは動きません。

クローズアップすると、こんな感じです。

エグイちぎれ方してますね。先端がささくれてます。

仕方がないので余ってるノーマルモーターからブラシを移植しました。

が、何がダメなのか修理したトルクチューンモーターは回転数が全然上がらなくなってしまいました。

トルクはあるのですが、回転が遅くワークマシンとしては使えません。

ワークマシン制作時の注意点

モーターの隙間を塞ごう

モーターが激アツになるまで回すのはやめよう

カーボンブラシのモーター(ダッシュ系?)を使おう

広告