ガレージカラスのデザインを変更しました。twitterからのリンクが一時切れてたため修正しました。

中古次世代M4 修理すべき点

NO IMAGE

前回に引き続き中古で購入した 中古次世代M4 の問題点について書きます。

力任せに付けられたマグキャッチ

まずマグキャッチはニコイチされてます。
溝の向きが90度ずれており正しくはめ込めなくなっています。

他の部分の組み込み方などから考えるとネジを潰して適当に組み合わせたものと思われます。
ほとんどのネジが馬鹿力で締められているのでこういう細かい部分はネジなめやすいと思われます。

不穏なモーターボックス

こちらも馬鹿力で締められたのでしょうか。グリップエンドの蓋が浮かんでいます。
嫌な予感しかしませんね。一体何をしたらこんな事になるのでしょうか。グリップエンドの調整ネジの事を知らなかったのでしょうか…

なぜこうなる?ピニオンギア削れ

ピニオンギア微妙に削れてます。
普通に使っていればこんなに削れないのではないでしょうか。

おそらくグリップとの組み合わせが悪いのを無視して強引に組み込んだ結果ギア側に押し付けられていたのでしょう。

ダサいフレーム

これは不具合ではないのですが何も刻印がありません。
シールでも貼りましょうかね。

素人スプリングカットでベアリングガイドが無駄に

これ、スプリングカットされてます。
なんでスプリングカットしたのかはこの時点ではわかりませんがカットするのはピストン側という常識を知らないのでしょうか。
せっかくのベアリング付きスプリングガイドなのにスプリングが飛び出て意味を成していません。

なぜこんな酷い状態になるのか?

カスタムの基本知識が無い人には勉強するための本とかブログとかを見せながら作業させた方がいいですね。
このブログでも初心者向けカスタム講座やってもいいかもしれません。ヤフオクで手に入れた電動ガン見るとどれもこれもカスタムが酷過ぎます。

こういう無知カスタムがされてるとほんとうに電動ガンが可哀想ですね。

 

今回最後の写真はメカボの内部です。
シリンダヘッド換えてありますね。ここから考えると先ほどのスプリングカットはシリンダヘッドを交換してベアリング付きスプリングガイド入れた事による初速上昇を抑える為っぽいですが…そもそもシリンダヘッドなんて変えてどうするつもりだったのでしょうか。言っては悪いですが前所有者はアホだったのでは

メカボはメンテされてなかったようでグリスが固まっています。
変な内部カスタムしてないで普段のメンテナンスしっかりやってほしいですよね。

今日はこのくらいにしておきます。

次回は内部メンテナンスです。
天気がよくなったら塗装なども行って完全リフォームを目指します。

エアガンカテゴリの最新記事