windows MRでamazon sumerianを使う sumerian のVRへの対応方法

windows MRでamazon sumerianを使う sumerian のVRへの対応方法

2018年5月19日 0 投稿者: Toshiaki Matsuyama
Pocket
LINEで送る

簡単にVRコンテンツが作れるというアレのAmazon sumerian でVRコンテンツを作っていこうと思います。
今のところはやってみた難易度として簡単の部類に入ると思います。
今回の内容もマウスだけで行えるもので、実際キーボードを使用したのはassetの検索くらいです。

今回はVR対応に必要な作業に関して書いていきます。
記事はここを参考にしてまいす。

前回の記事でamazon sumerianのインターフェースに関してはおおむね理解できたと思います。
しかし前回の内容だけだと単なる3Dコンテンツが出来上がるだけでVRに対応していなかったので補足しておきます。

amazon sumerian 対応ブラウザについて

さて、普通にgoogle chromeでVRを起動しようとしたところこのようなエラーが出て動きませんでした。
右下のカードボードみたいなVRアイコンを押すと下の画面が出てきます。
どうもブラウザが対応していないようです。
なお、私の使っているブラウザはchromeのバージョン: 66.0.3359.181(Official Build) (64 ビット)です。
対応ブラウザ表はこちらにあります。
google chrome62
Firefox Quantum 57.0
Edge
Safari
で実行可能なようです。
推奨はFirefox Quantum 57とのことです。
EdgeはWebGLの関係で性能が落ちるそうです。でも気にしなくて大丈夫そうです。
chromeの対応を調べるよりEdgeで動かす方が楽そうなのでMicrosoft Edgeでやってます。
ブラウザを確認したところでVR化のために必要な手順を確認していきます。

VR化手順

VR対応ブラウザに変更しただけだとまだVRモードは起動しません。
下の画像のようなのが出ます。
このアラート文にも書かれているようにAssetが足りていない事が原因となります。
まずはCoreVRというAssetをImport Assetsからインポートします。
Import assetsを押すとすぐにcoreVRが出てきます。下の画面の左から2番目上から2番目のやつです。
コンピュータの画面サイズか解像度によっては位置が変わるかもしれませんが概ねこのくらいの位置にあるはずです。
見つからないときは検索機能を使うといいです。左上に検索フォームがあります。
CoreVRはコントローラーの絵が描かれているやつがそうです。下の画像を参考にインポートしてください。
インポートすると何かを読み込むので低速回線や遅いPCだと少しばかり時間がかかるかもしれませんがエラーではないと思います。
少し待ってみてください。
次にVRCameraRigの設定を行います。
アラート画面からはいかにもインポートさえすれば使えるようになるような印象を受けますが実際は少しだけ設定が必要になります。
左下のAssetsの中からVRCameraRigのEntityを探してSceneの画面にドラッグアンドドロップします。
すると下の図の右の方にある四角い箱とコントローラーのモデルが表示されます。
どうやら
次は左上のEntity画面からVRCameraRigを選択してください。
すると右上のInspectorタブが下の図のようになるはずです。
画面内のオブジェクトは無視して横のEntityとInspectorだけ見てください。
で、一番下の紫色のVRCameraRigを見てみるとCurrentVRC…(CurrentVRCameraRig)というのに当初チェックが入っていないのでチェックを入れます。
下の図のようになるはずです。
ここまでくるとVR表示が可能になっているはずなのでVRボタンを押して試してみてください。
現時点ではコントローラーの設定をしていないので何もできませんが自分の作ったVR世界に入り込めるはずです。
これでも何か動かないときはもう一度設定とかを見直してみてください。

まとめ

1.Assets一覧からCoreVRをインポートする
2.VRCameraRigを入れる
3.VRCamerarigのInspectionでCurrentVRCamerarigにチェックを入れる
以上です。
自分の作った世界を見る(厳密にいえば移動がまだできないので見渡すだけですが…)事ができるようになりましたね。
いろいろなassetsを使えばそれなりに色々できますし試してみるといいと思います。
次回以降はもっと中身を作れるようにしたいところです。
段々初期サービス特有の不穏な感じと3D初心者特有の無理解が出てくると思いますがよろしくお願いします。