gemini PDA 2ndロットが届いたのでレビュー

gemini PDA 2ndロットが届いたのでレビュー

2018年6月1日 0 投稿者: tosh1ak1
Pocket
LINEで送る

珍しいキーボード付きスマホ gemini PDA

開封と使い方

Gemini PDA 自体はDHLで届きました。DHLは過去にいろいろあったのですが今回は無事届いて安心です。

早速見慣れないUSB Type Cをつないで充電し、電源を入れます。

キーボードのレイアウトについて

※この記事はgemini PDA で書いています。

実際に使ってみるとキーボード自体が小さいということはありません。

やや窮屈ではあるものの十分ブラインドタッチが可能です。

ただし、キー数が少ない特殊配列のため、いくつかの文字入力において不具合が出ています。

特に他のブログ等でも盛んに報告されていますが、「ー」の入力がかなり億劫になります。

Fnキーを押した状態でOキーを押さなければならず、ーを多用する日本語においてはかなり面倒です。

また、UK配列キーボードを選択したのですがどうも日本語には対応していないようです。

@の位置などがどうしてもキーボードの印字と対応しません。これは慣れるまで時間がかかりそうです。

また、

「、」に至っては`が入力されてしまい毎回ひらがなで入力して変換する必要があります。

これもかなり面倒と言えます。

しかし通常入力に関してはほとんどストレスなく行えるため、今までスマホでブログを書こうなどと考えていた人にはいいと思います。

キータッチについて

キータッチはやや硬めのパンタグラフといったところです。

キーの反応自体は問題が無いように見えます。

エンターキーなどは小指で押そうとするとたまに引っかかりが感じられる事があります。

気になる点としてはブラインドタッチの為に多くの人が必要とするであろうFJキーのポッチが無いことです。

これも慣れてしまえば必要無いとも言えますが多くのブラインドタッチ初心者にはやや使いづらいかもしれません。

外観と注意点

外観に関しては普通のスマホといった感じです。ただし、ハイエンドスマホのような高級な美しい仕上げとはなりません。問題が無いレベルというだけです。

普通の工業製品です。

また、外観にはUSB TypeCのポートが2つありますが充電は左のポートだけです。

反対側はUSBハブとかに対応しているようです。充電器を繋ぐなと書いてあるので何かあぶないようです。

ザウルスとの比較

ここでみんな大好きlinux zaurusと比較してみましょう。

サイズ感に関してですがGemini PDAはかなり長いです。縦の長さはそんなにかわりません。薄さはGemini PDA側がかなり薄くなっています。

正直この手のガジェットを買おうとしている人にサイズがどうこう言って意味があるかはわかりませんね。

昔小型sony VAIOが出たときジーンズのポケットに入れることができるという無理のある物が出たことがありましたがGemini PDAなら無理なく普通のポケットに入ります。

普通の巨大スマホと同じように取り扱う事ができると思います。

NetWalkerという微妙な端末を使っていたこともあるのですがそれよりも色々な点で使いやすい気がします。

 

ザウルスマニアが求めている謎のワクワク感があるのかという点ですが、まだ微妙です。

そもそもlinuxとのデュアルブートと書かれていたのがまだ実装されておらず、ただの変則キーボード付きスマホでしかないので微妙ですね。

ザウルスにはlinuxが入っていたりすごいマニアがスペシャルカーネルと称した改造ROMなどを出してくれたりとかなり面白かった記憶があります。(思い出補正)

現状android端末でキーボード付きのものは少ないのでそれで十分という人もいるかもしれません。

特にパンタグラフ式のキーボードが付いた端末は少ないと思います。

Linuxに対応したらまた評価が変わるかもしれませんしザウルスのころのような楽しさが復活するかもしれませんししないかもしれません。

ブログを書くのはどうか

正直画面が小さいような気がします。

この記事は普通のブラウザ上でショートカットを使いながら書いています。

wordpressのアプリはキーボードショートカットを使わない前提で作られておりGeminiPDAのような端末だと使いづらいです。

もう少し工夫が必要だと思います。