gemini PDAはメイン機にならなかった

gemini PDAはメイン機にならなかった

2018年6月21日 0 投稿者: tosh1ak1
Pocket
LINEで送る

geminiP DAが届いてから3週間ほど経ちました

7月の上旬に到着したgeminiPDAですが色々いじったりしているうちに3週間も経っていました。使ってて気付いた事があるので書いていきます。

届いたときはこんな事を考えてました。

[blogcard url=”https://crows.tokyo/gemini-pda-%E5%B1%8A%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/”]

買おうか迷っている人もたくさんいる様子なのでぜひ参考にしてください。

未だに設定とか微妙なところがあったり色々試している段階ですがいくつかわかったことがあるので気にせず書いていきます。

どんな使い方をしているか

gemini PDAを買って一番よく使っているのはブログ書くことです。

ブログの記事全部を書くわけではないですがアイデアや記事の一部を書いておき、帰ってきてからパソコンで仕上げたりしています。(この記事は100%geminiPDAで書いています)

執筆にはwordpressアプリを使っており電波環境が微妙なところでも安心して書けます。

キーボードもPC向けのフルキーボードほどではないですがスマホのフリックよりは遥かに打ちやすく長文を書いてもそれほど疲れません。

 

また、今まで使っていたスマホよりも性能自体も高いためホーム画面で様々なウィジェットを使ったりもしています。

天気予報や株価などはアプリを開かなくてよくなりました。

データのやり取りなどはGreenifyなどを使ってうまく制限すればバッテリーも十分持ちます。というかバッテリーサイズ自体も十分です。

 

root化も公式がファームウェアを提供しているため簡単に行なえますし今までスマホではできていなかったことができるようになります。

root化のプロテクトなどが無いどころか公式謹製root化ファームがあるのでご安心です(自己責任)

キーボードの打鍵感

打鍵感はわるくありません。手元にあるのがキーボードの不具合を直されている2ndロットだからというのもありますが通常の使用では問題なく使えます。

ただし、引っ掛かりがゼロというわけではありません。いくつかのキーは押す向きによって引っかかったりします。

また、思い返してみると開けたばかりの頃は今より引っかかりが多かったような気がします。

気のせいかもしれませんがしばらく使ってみると打ちやすくなるかもしれません。

キーボードに関してはこの記事にまとめてあります。

[blogcard url=”https://crows.tokyo/gemini-pda-%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86%E3%81%A8-%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%80%9F%E5%BA%A6-%E3%81%AF%E5%A4%89%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%E5%AE%9F%E9%A8%93/”]

なぜメイン機にならないのか

メイン機にならない理由としては”スマホに求めている機能が揃っていない”というのがあげられます。

主に以下の理由です。

  • おサイフケータイが無い
  • 電話が使いづらい
  • デフォルトで横画面に対応していないアプリがある
  • デフォルトで背面カメラが無い
  • ファームウェアが不安定な事がある

おサイフケータイが無い

スマホにあってgeminiPDAにない機能で大きいのはおサイフケータイ未対応という点ですね。

felicaによるおサイフケータイは色々なサービスを一台でまとめられるのでかなり便利です。

これが使えないとなると生活が石器時代まで戻ると思っています。

電話が使いづらい

また、電話も使いづらいです。

電話そんなに掛けるわけではないのですがサイズ的に大きいので電話するのなんか疲れます。

デフォルトで対応していないアプリがある

そもそも現状が縦型スマホメインの設計になっていて色々な部分で使いづらさを感じることと思います。

文字の表示サイズを変えたり開発者メニューから表示サイズを小さくしないと使い物になりません。

複数カラム表示ができないアプリは全部間延びしてしまいなんとなく疲れます。

デフォルトで背面カメラが無い

僕の場合はカメラモジュールも注文していないのでカメラ機能が使い物にならないというのも問題です。

スマホのカメラって意外とよく使うので外側のカメラは必須です。

これはカメラモジュールを注文すればいいのですが中央に目玉のようなカメラをつけるというスタイルがちょっと嫌ですね。

ファームウェアが不安定なことがある

もう一点気になるのがファームウェアの安定性です。

このブログでも過去に一回アップデートかけただけで文鎮になっています。

その時はPCが手元にあったため事なきを得ましたが外で同じようなことが起きたら対応できません。

また、文鎮になるたびに設定をやり直すのも面倒です。

こういった理由から現状でもメインのスマホを別に持つようにしています。

 

使用率はメイン機より高い

ここまで散々問題点を書いてきましたが、使用時間自体はメイン機より確実に長くなっています。

というのもメイン機がかなり古くなっており普通に使うと一日バッテリが持たなくなってきています。

また、性能面でも新しい方に分があるので使用頻度自体はgeminiPDAの方が高くなります。

しかしながら連絡手段としての機能やスマホに求めているいくつかの機能が無いのでやはりメイン機と呼ぶことはできない気がします。

今後買おうと思っている人へ

とりあえず買ってから考えるのがいいと思います。
ただしgeminiPDA一台で全部をこなそうと思っている人には向いていないと思います。

この他にもう一台普通に使えるスマホかガラケーを持っておいた方がいいと思います。

ガジェットとしてのポテンシャルは高いです。おもしろガジェット好きなら間違いなく買ったほうが良いです。

linux機としてはまだ様子見

現状linuxとのデュアルブートは微妙な感じなので小型のlinux機が欲しいという人はかなり覚悟する必要があります。

文字が小さすぎたりキーボードマップが対応していなくて「ー」が打ち込めず必要なパッケージのインストールすらできなかったりとなかなか茨の道です。

逆にAndroidしか使わないという人にとっては問題ないレベルと言えます。

まとめ

悩むなら買ってから考えよう