ガレージカラスのデザインを変更しました。twitterからのリンクが一時切れてたため修正しました。

キーボード付き変な端末比較 GPD MicroPC vs Gemini PDA

キーボード付き変な端末比較 GPD MicroPC vs Gemini PDA

へんてこ端末大好きなみなさんこんにちは。

当ブログの目玉記事で、定期的にdisってるGemini PDA

と、つい最近購入してデュアルブートでつまづいたGPD Micro PC

を比較していこうと思います。

購入を考えている人は参考にしてもいいですし参考にしなくてもいいです。

キーボードの打鍵感

これはもうどっちもクソです。

ただ、キーサイズ的にGemini PDAの方がタッチタイピング可能で、少ない力で打てるので楽ではあります。

Gemini PDAのキーボードは謎の引っかかりがあり、(後期ロットでは修正されてるかも)微妙にストレスになります。

対するGPD MicroPCのキーは一定の打鍵感です。どのボタンも引っかかりありません。

しかしキーサイズが小さく、タッチタイピングは不可能です。

親指で押す事になるので入力速度はダメです。

画面

これはGPD MicroPCの方がきれいです。解像度が違うからね

ただし、GPD MicroPCはコストカットのためにスマホ用か何かの変なディスプレイを使っているため、linuxをそのまま入れようとすると画面がまともに映りません。

がんばれ

OSについて

gemini PDAはAndroid主体で、ARM版のLinuxが動くといわれていますが画面の設定やキーボード(特殊配列)の設定がうまくいかず、apt updateもできなかったのでデュアルブート詰みました。

一方のGPD Micro PCは、画面の項で説明しましたがディスプレイに難ありです。

が、linuxはカーネルアップデートで対応できました。使い勝手も良好です。

僕はCTF用にkali linuxを入れています。

現状問題は出ていません。

使いやすさ

どちらも使いやすさは微妙ですね。

僕はGPD MicroPCの方が好きです。Linuxが動くから。

ただし、家の外でネットをゴリゴリ使うならGemini PDAの方が優秀です。

chromeで見れるサイトやワードプレスなどは使いやすく、タイピングも楽です。

gemini PDAはこんな人におすすめ

Androidメインで使う人

家の外でインターネットにつなげたい人

キーボード付きのスマホが欲しい人

ブロガー

GPD MicroPCはこんな人におすすめ

WindowsやLinuxをメインで使う人

モバイルルータを使う事に抵抗が無い人

何かを開発したい人

バトルプログラマー

両方買うべき人

おもしろ端末が好きな人

ザウルスの呪縛から離れられない人

小型パソコンに強い執着のある人

インストールバトラー

どちらも買うべきではない人

最初から完璧に動く物が欲しい人

英語読めない人

スマホのカメラを多用する人

中華端末の事がわかってなくて調べる気もない人

ハードウェア初心者

誰も解決していない問題が出てきたら怒り出す人

そういう人はマックブック(笑)でも買っててください

Apple MacBook Air (13インチ, 1.8GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ, 128GB)
Apple MacBook Air (13インチ, 1.8GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ, 128GB)
  • Apple(アップル)
  • 価格 : ¥ 108,680
  • 商品ランキング : 2,049 位

geminiPDAカテゴリの最新記事