航空情報の提供

2017年1月10日 0 投稿者: Toshiaki Matsuyama
Pocket
LINEで送る

出発前の確認で航空法99条により提供される航空情報を確認しなければならないと書きました。
航空情報には

  • AIP
  • AIP Amendments
  • AIP Supplements
  • AIC
  • NOTAM

がある事は覚えていると思います。
内容に関してもそんな難しいことではないのですが解説しておきます。

AIP

航空路誌の事です。
民間航空の運航に必要な施設、組織等に関する永続性のある情報を収録しています。
  • GEN(総則)
  • ENR(エンルート)
  • AD(飛行場)

の3部構成です。

総則は規則とかそういう感じのものが収録されています。
エンルートには飛行方式等が書かれています。飛行場はそのままです。

AIP Amendments

航空路誌改訂版です。
AIPに収録された情報の永続的変更が収録されます。
これに関しては28日周期(エアラック日)に発行されます。なお、エアラック日は木曜日です。

AIP Supplements

AIPの内容の一時変更が収録されます。
一時変更の中でも
  • 有効期限3か月以上
  • 図面が必要
  • 複雑なもの

が発行されます。

黄色の紙に印刷されており、エアラック日とエアラック日の中間日に発行されます。

NOTAM

航空に関係する設定、状態等の情報が発行されます。
  • 短期間
  • AIP AMDTやAPI Supが発行されたとき(トリガーNOTAM)
  • 恒久的変更を通知するいとまがないとき

花火情報やラジコン情報などいろいろあります。

AIC

情報の性質や時間的な理由からAIPにもNOTAMにも適さないもの。
説明的、助言的内容となる。