パイロット”が”なりたい・憧れる職業ランキング

パイロット”が”なりたい・憧れる職業ランキング

2019年1月10日 0 投稿者: 黒生野 からす
Pocket
LINEで送る

みなさんは憧れの職業ってありますか??当然パイロットだと思います。

僕の調べでは男性の99割と女性の5割以上がパイロットを目指しているとの事です。

では、社会人になった後、別の職に転職したいと思ったことのある人はいますか?

僕の調べではパイロット以外の人類の99割がパイロットに転職したいと答えています。

そんな職業のパイロットですが、では職業パイロットが”なりたい”仕事が無いといえば嘘になります。

日々の激務で別の仕事に就きたいと口走る人も多いので、今回はそんな”パイロットがなりたい”職業を独断と偏見でランキングにしました。

※当記事は統計をとったわけではなく、完全に独断と偏見です。

パイロットカラスくん金を掘る

第1位 Youtuber

不動の第一位です。

今やパイロットかyoutuberかと言われるレベルの子供の憧れの職業となっています。

当然パイロット内でも老若男女あこがれの職業であるyoutuberになりたいという人は多いです。

特に宴会芸で鍛えた特殊な芸がある人はyoutuberとして活動していけるのではないかと感じる事も多いですね。

ヒカキン先生やsyamu先生のような大物youtuberに憧れるパイロットは意外と多いですが、実際にyoutubeに投稿している人はそんなに多くないです。

しかし、youtuberとしてやっていけない事はないと思います。

パイロットの特有のスキルとして、現在の状況を呼称して、確認するというものがあります。

ヒューマンエラー防止のための行動ですが、実況系youtuberに通ずるものがあると思います。

過去に市販されているアクロバット飛行の解説ビデオを見たことがあるのですが、現代のトップyoutuber顔負けの解説をしており、驚いた経験があります。

意外とyoutuberになろうとするのは理に適っているかもしれませんね。

僕もyoutubeに何か投稿しようとたくらんでいるので、youtuberになってしまうかもしれません。

第2位 他の会社のパイロット

いきなりの超リアル路線ですが、他の会社に行きたい人はたくさんいます。

隣の芝が超青く見える世界なので、あっちの会社がいいかな..とかヘリコプターの方がいいかなとかプライベートジェットが..といった話がよく出てきます。

実際に転職した人の話を聞く機会が無いのでどんどんイメージだけ膨らんでいきます。

隣の芝が青々です。これ以上は何も言うまい

第3位 大学生

パイロットになった後、もう一度大学生をやりたいという人はかなり多いです。

というのも、パイロットになってから毎週合コンという人もかなりいる一方、忙しくて合コンしている暇がないため、大学生になれば毎日合コンできるのではないかという発想にいたるからです。

毎日飲み会や毎日合コンで暮らせる大学生に憧れるパイロットは多いです。

大学で何かを研究し直したいという人も一部にはいますが、そういう人は本当に大学に戻ったりします。

飛行機に乗ってから研究したい事が見つかるというのは多々あります。

そもそも何で飛んでいるのかとか、よくわからんシステムをもっと良くしたいという不満や疑問が出てくる職業です。

もう一度学問を修めるのもいいかもしれません。

第4位 石油王

やはりこれも多いです。石油王

自宅の庭から石油が出てきたらいいのにといつも考えています。

基本的にパイロットになる人は深層心理で石油を愛しているので、石油王という選択肢がでてくるのではないかと考えています。

色んな乗り物が電気で動くようになっている中でも、航空機の世界では石油燃料がまだまだ主流です。

その石油が沢山手に入る石油王はやはり魅力的な仕事と言えるのではないでしょうか。

第5位 家業を継ぐ

これは不思議な現象なのですが、激務が続くと家業を継ぐと言い出しがちです。

パイロットになると言って家を飛び出したのに家業を継ぐために帰りたくなってしまうのは、不思議な現象ですね。

選考段階で継ぐほどの”家業”がある家柄とか見ているのでは…

と思いましたが僕には継げる家業無いので気のせいですね。

また、転職規制がかかっているパイロットが転職の時”家業を継ぐため退職”と言っていた名残かもしれませんね。

番外編

ほかにもこんな職業になりたい人がいます。

  • バトルプログラマー
  • 羊飼い
  • 木こり
  • プロゲーマー

少数ですが、よくわからない職にあこがれる人もいますね。

毎日の多忙な生活から、羊飼いになって星を見て暮らしたいという人も一定数います。

現代の羊飼いがどこにいるのかはわかりません。

パイロット”に”なりたくてこのページに来た人へ

いろんな手段があります。

どんなパイロットになりたいのか決めて傾向と対策でいきましょう

色々な情報に触れておく事と、ちゃんと勉強する事が大事です。

健康に気を付けてがんばってください。