ガレージカラスのデザインを変更しました。twitterからのリンクが一時切れてたため修正しました。

乗馬用品の収納と運搬に HEXAコンパクトバッグのレビュー

乗馬用品の収納と運搬に HEXAコンパクトバッグのレビュー

みなさん馬に乗ってますか?

僕は乗ってます。楽しいですね。

ところで、乗馬の道具って泥汚れがついたり種類が多かったり、さらに着替えとかタオルも必要だったりで大変じゃないですか?

僕は大変です。

で、乗馬専用のカバンを探した結果、HEXA社のコンパクトバッグにしました。


乗馬用バッグは情報が少なすぎるので、探している人がいたら参考にしてみてください。

乗馬の道具が増えた!

ちょっと前に乗馬を始めてから、最初はすべての道具をレンタルしていたのですが、だんだん自前の道具に切り替えていったところ、道具が増えました。

で、バラバラの用具を入れることができて、泥で汚れてもいいカバンが必要になりました。

選定理由

乗馬用のカバンって選択肢がほぼ無いですね。特に国内のネット通販だとHEXAくらいしか見当たりません。

鞍とかを入れる大型のキャリーケースやグルーミングバッグ、あとは中国製の謎バッグくらいで、ちゃんとしたメーカー製はHEXA社のボストンバッグ型のコンパクトバッグか、同じHEXA社のバックパックくらいです。

で、いざというとき宅急便で送るには、バックパックのようにヘルメットが外に出ていると不安です。

また、短鞭が外から見える位置にあったりすると色々面倒です。できれば隠せる方がいいですね。

宅急便をよく使うので、今回はヘルメットを中に収納できるコンパクトバッグを選びました。

サイズ感について

かなり大きいです。

その辺のボストンバッグなどを想像していると面喰います。

サイズとしては、80リットルあるようです。(HEXA公式サイトに書いてありました。)

どのくらいのサイズかというと、2泊程度の登山をやる人のリュックみたいな感じです。

うまく体を曲げれば人を入れる事もできそうですね。

荷物はどのくらい入るの?

僕が詰め込んでる装具は以下のとおりです。

  • ヘルメット
  • ジョッパーブーツ
  • チャップス
  • 拍車
  • 短鞭
  • エアバッグ(プロテクター)
  • キュロット
  • 乗馬手帳
  • タオル

これだけ入れてもまだ余裕があります。

特に、短いブーツを使用しているので、荷物自体が小さく済むのです。

ちなみに、普通のカバンにこれだけの装備を入れようとすると、40リットルくらい必要です。

….?

40リットルほど余りますね。

気に入った点

ヘルメットとブーツとそれ以外を分けて収納できます。

特に、雨の日はブーツとチャップスが泥でめちゃくちゃになりますが、気にせず収納できます。

今まではカバンにしまう前にビニール袋で覆っていましたが、その必要がなくなります。

よくない点

大きすぎます。

付属のタグを見るとわかるのですが、ゼッケン?やハミなども入れる前提のようですね。

あと、上着の絵もあります。ロングブーツで正装をして乗るときにはいいかもしれません。

チャップスと短いブーツで乗馬している人は、もっと小さいカバンでもいいような気がします。

あと、重いです。

こればかりは仕方ないですね。

まとめ

馬はかわいい

アウトドアカテゴリの最新記事