ガレージカラスのデザインを変更しました。twitterからのリンクが一時切れてたため修正しました。

中古M4A1のフレームの正体

NO IMAGE

中古で購入していまや実験用となっているフルメタルM4A1ですが、フレームのメーカーが全く分からないまま使用していました。
前所有者が詳細不明メタルフレームとしか表記していなかったので気にしていなかったのですがどういう物なのか色々調べました。

まず特徴ですが

blackwaterの印刷がされていますね。
刻印ではないので凹凸はありません。

反対側にはwe ware everywhereと印刷されています。

またいジェクションポートの近くには3つ穴が空いておりダストカバーを止めるプラスチックの小さなパーツが付くようになっています。

G&Pやkingarmsなどとは形状が微妙に違いますね。
さまざまなメタルフレーム調べているとACMのメタルフレームキットにダストカバーの留め具付いている事が分かりました。
またACMのメタルフレームいくつか見ると深い黒色の物が多いですね。

ACMというのはall made chineseの略だったと思いますが要するにノーブランド中華という意味です。
最近ではACM電動ガン本体なども売られていますし目にした事のある単語だと思います。

ACMのblackwaterメタルフレームはどうやらヤフオクなどで出品されている事が多いようです。
個人輸入したものを売っているのでしょうか、普通のショップでは売っていないようですね。

このメタルレシーバ、付属品無しで5000円くらいの物のようです。
前出品者はさらに組み付け傷沢山付けていたので価値はすごい下がっていると思います。

他の人の記事を読むと個人輸入で輸入されたばかりのものなどはバリなどがスゴイみたいですが安く組むならこういうのでもいいのではないかと思います。

エアガン用資料カテゴリの最新記事