パイロットウォッチ ガーミン D2 Pilot 使い方紹介

Pocket
LINEで送る

飛行機屋さんになったのでカラス力が高まりつつありますので今回 garmin D2 pilot を導入しました。
パイロットウォッチの中でも一番ナウいパイロット向け時計の Garmin D2 Pilot の使い方をメモしておきます。

紹介

Garmin D2 Pilot/ をご存じない方のために簡単に説明しておきますとGPSの情報を見ることができる腕時計型端末です。
パイロット用となっているだけあって地図の表示範囲はかなり広くなっています。
国内では専用対応アプリのガーミンflight?みたいな名前のアプリがアンドロイドで使えない感じなので一工夫必要になります。

見た目はこんな感じです。盤面の表示デザインは何通りかあります。

ルート情報の作成

Flight Planを表示する機能がついているように見えるのですが地図のどこを通るのかわかる程度です。
ルートの情報は腕時計内でも作ることができますがパソコンで作ったほうが楽です。
ガーミンブートキャンプをダウンロードして使います。
ソフトの使い方自体はそんなむつかしいことはなく線を引いて端末に送信するだけです。
D2の地図はかなり雑ですが空港情報は一通り入っているためおおむね空港の行き来ルートを作ることができるのではないでしょうか

ログの扱い

GPSロガーとしての機能もあり、飛行経路を確認することができます。しかしbootcampの地図では雑すぎて使えないので別のサービスを使います。
ここに登録してデータをアップロードするとgoogleマップ上でトラッキングを確認することができます。
速度や距離をマイル表示に切り替えることもできるのでわりといいのではないでしょうか。
ガーミンコネクト自体はスポーツや登山用途のようですが表示できることに変わりはないので使いましょう。

まだひよこカラスであまりGPSウォッチを使い込んでいませんが今後何か新しい使い方見つけたら書いていきます。
飛行機乗る人向けの腕時計でありますがパイロットウォッチはなんか流行りみたいなので普通につけていてもいいのではないでしょうか(?)
かなりゴツい時計なのでそういうの好きな人にはおすすめです。

しかし基本的に飛行機乗りのための時計なので機能を使いこなしたいなら心拍数とか測れてもっと普通の生活寄りの


このへんにした方がいいかもしれません。

今後もこのブログでは飛行機乗りが使いがちなグッズを紹介したりするかもしれませんし忙しかったら書かないかもしれません。
のんびり待ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください